• ホーム
  • 情報セキュリティ基本方針
  • 情報セキュリティ基本方針
情報セキュリティ基本方針
株式会社東北バンキングシステムズは、金融機関のシステム開発事業を中核とした情報処理サービス企業として、情報の安全管理を厳守することは重要な社会的責務であると認識しております。
これを確実に実践し、高度情報化社会における情報資産を事故・災害・犯罪などの脅威から守り、お客様ならびに社会の信頼に応えるべく、以下に情報セキュリティ基本方針を定め、当社の情報セキュリティに対する取り組みの指針といたします。

1.社内体制および情報セキュリティガイドラインの整備
当社は、セキュリティの維持及び改善のために必要な管理体制を整備し、必要な情報セキュリティ対策を社内の正式な規則として定めます。


2.リーダーシップにおける責任および継続的改善
当社の経営者は、本方針の遵守により、当社及びお客様の情報資産が適切に管理されるよう主導します。


3.法令、契約上の要求事項の遵守
当社の役職員は、事業活動で利用する情報資産に関連する法令・規制・規範及びお客様との契約上のセキュリティ要求事項を遵守します。


4.従業員の取組み
当社の従業員は、情報セキュリティの維持及び改善のために必要とされる知識・技術を習得し、情報セキュリティへの取り組みを確かなものにします。


5.違反及び事故への対応
当社は、設備・技術・制度等を充分に考慮した情報セキュリティ保護対策を講じ、 情報セキュリティ上の問題に対しての予防を図り、違反・事故が発生した際には迅速に対応します。


2018年12月19日
株式会社東北バンキングシステムズ
取締役社長  齋藤 郁雄

PAGETOP